ヒプノセラピーのページチューリップ画像

ヒプノセラピー(前世療法・年齢退行療法)

ヒプノセラピー心理療法のページの花びら画像

ヒプノセラピーとは

前世療法、年齢退行療法のほか、分身療法、悲嘆療法、未来世療法などの総称です。

ヒプノというのは「眠り」という意味であり、ヒプノセラピーは別名、催眠療法とも言います。

催眠状態になるということは、入眠時の深い眠りに落ちる寸前の、何も考えられない気持ちの良い感覚に似ています。

ですから、怖いことなど何もありません。

そして、この気持ちの良い、雑念のない無に近い意識を潜在意識と言います。


潜在意識の状態になることが出来ると、理性はお休みし、本能的な感覚になるので本音しか出てきません。

これは、マイナスな記憶に対し、プラスに働きかけやすい状態と言えます。

マイナスな記憶を思い出した時に起る体の拒否反応や、感情自体に変化を起すのがヒプノセラピーです。

前世療法、年齢退行療法以外でも、ヒプノセラピーのやり方はどのようなご案件にも対応出来ますので、お悩みご相談下さい。


前世療法

潜在意識状態になり前世までさかのぼるよう誘導し、前世の場面を見たり、それを感覚的に感じ取ったり、

何かが聞こえてくる気がする…など、五感を使って体験していただきます。

その前世が本物かどうか、確かに証明は出来ません。専門家たちにより、様々な見解がなされております。

しかし、自分自身が前世を確認することにより、感情に深い癒しがもたらされるのは確かです。

前世でやり残したこと、その前世をやったことによって、現在目指している道をどうして選んだのか、意味が理解出来ます。


ショーなどは、大げさに見せるためのショー催眠となっております。

ヒプノセラピーは感情の改善であり、心理療法ですのでご安心ください。


ヒプノセラピーをやる上で、心に留めておいてほしいこと

潜在意識状態に入ると、たとえ前世の物語といえども、心の奥深く、深層心理へ押し込めて見ないようにしてきた感情が、はっきり認識出来るまでに浮上してきやすくなります。

その感情を感じ切って自分がしっかり受け止めること、思いを留めず口にすること、それをセラピストに受け止めてもらうことで、心に変化が起きるのです。

いずれにせよ、感情が極端に波立たないよう注意を払い、きちんと癒しがもたらされるよう進めております。


年齢退行療法によるメンタル改善桜画像

年齢退行療法

人は、幼少期のころの家庭環境や学校などで体験した記憶が、大人になった今でも苦しめてきます。

特に、両親との間で出来てしまった、マイナスな記憶の影響力は多大です。

親から干渉され過ぎていた。ひどい言葉を浴びせられた。いつも寂しかった。

このような思いが、大人になって恋人が出来た時、夫婦になった時、赤ちゃんが生まれた時。

こういったタイミングで、マイナスな記憶の影響が出てきてしまうものです。



例えば、親からやってもらえなかったことを、恋人からやってもらおうとしてしまい、もっと、もっと、と相手から搾取ばかりして、関係性が重いものになってしまったり。

子供が出来ると、気付けば、やりたくはなかったはずの親と同じやり方で子育てをしていて、思わず子供にひどい言葉が出てしまう、など。

幼少期に出来てしまった心の傷のせいで、物事を上手くいかなくさせているパターンが多いです。

親とのこと、過去の人間関係で出来てしまった心の傷を改善していけば、恋人とも健全な関係を築け、

親としての自分が、子供に良い影響を与えることが出来るようになります。今までと違った人生を、手に入れることが出来るんですね。


サロン案内

女性専用サロン Bright Moon

東京都渋谷区恵比寿 東口ガーデンプレイス側 徒歩5分

  • 営業時間: 10:00開始・14:30開始の二枠
  • 定休日:不定休
  • Mail: info✫bright-moon.jp (✫→@に変更)
  • TEL:090-9298-0003 非通知には対応しておりません。
  • セールスのメール、お電話、一切お断りしております。ご遠慮下さい。
Copyright (C) Bright Moon All Rights Reserved.